THK本部
注:このブログには蔵がないようです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ぼけぼけ~
スポンサーサイト
【2012/02/05 23:16】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<そう。まさにあれは奇跡としか言いようがなかっただろう。あの激しく雪が降りつける午前4時。僕たちはひとつの出来事を体験したんだ。例えるなら、運命。表すなら、時刻表。形容する手段の乏しい僕には、それをどう表現して良いのか、果たしてそれをしても良いものなのか。ただひとつだけはっきりしていたことがある。それは、未来だ。あの真夏の昼下がりの出来事・・。あの時点で僕たちの全ては決まったのだと言っても過言ではないだろう。しかし待ってほしい。まだ考慮すべき点があるはずだ。そう、あの星空が満天に輝く儚い一夜のLoveStory....そのような突出した出来事が存在していない君の人生は、まさにあの砂漠を旅するかのような気分を味わわせられた時のものと同じものだよ。まったくもって不思議なものである。人生とは。数奇な運命、望んでいた非日常。そんなものは皆無であり、両者と僕の間に介在すべき人物など存在しやしないのだ。でもそれでも僕らは生きてゆかなくちゃいけないんだ。あの木漏れ日の差し込む午後の中、僕らは誓ったじゃないか。それが嘘でも、その5年前のあの日が、それが、何もかも物語っているかのように、素晴らしい人々のための楽園。そこが実際にあるかのような音に、色に、匂いに、そしてあなたの言葉。それが真実だったんだ。それだけが真実だったんだ。今の今まで僕は、そう、あの日から、それに気が付くことが出来なかった。たったそれだけなのに、ほんのそれだけのことなのに、僕は不機嫌な天気の支配するあの忌々しい午前3時の出来事を引き起こすきっかけをツクってしまった。もう後には引き返せないんだ。素晴らしい日常と、愛すべきモノたちが在った、あの日々には・・。進むしかない。進むしかないんだ。遠く、険しい道になることは覚悟の上だ。それでも、未来に存在するであるその日を、その日だけを見据えて、進むしかないのだ。また、或いは、彼の動揺を取り去ることが僕の目的だとしたならば、いっそのこと彼女が線香花火とともに消えた夏祭りの夜、その時にでも戻るべきなのだ。手段。目的。そう、これらふたつ。君だって、煙よりはましだろう? | ホーム | じょんじょn>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://thk22.blog32.fc2.com/tb.php/308-15730571
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
tiguau

フーリー

Author:フーリー
ご訪問ありがとうございます。
オンラインゲーム内では、
主にストラという名前で活動しています。
それがどうした
ご||||

効果音:ててーん
                 〆
常に毎日が黒歴史。
全自動黒歴史製造機です。
こういう文章って
いらないよね

蔓延るバーチャルネットキチ○ガイを裁きたい気持ちを尊重する間人間
こういう文章って
いらないよね

なんかxx的 領域)(
ようはいわかん
..

 
蔵のないブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。